南城市公式webサイト

ようこそ市長室へ

このページでは、市長のプロフィールや予定、日々の主な出来事などを紹介しています。

ホーム > ようこそ市長室へ

バックナンバー

日々のできごと

2018年10月12日

南城市内企業視察(2018/10/10)⑫

地域活動や地域雇用に積極的に取り組まれている市内企業の現状課題を『知る・視る・学ぶ』ことを目的に、市内視察を行っています。本日は、南城市シルバー人材センターが運営するグリーンエコ・リサイクルセンターを視察しました。

南城市内企業視察⑫ 南城市内企業視察⑫

同センターでは市内での草木の伐採などで出た草や木などを堆肥化し、自然熟成させた「堆積腐葉土」と、脱水汚泥に発酵菌を混ぜて熟成を促した堆肥「くがに1号」の生産のほか、倒木を再利用したエコチップやヘナの栽培などを行っています。市役所新庁舎の建設の際に伐採した草木も同センターに持ち込まれ、堆肥やエコチップとして生まれ変わりました。処分料が2000万円ほど削減されたそうです。

南城市内企業視察⑫ 南城市内企業視察⑫

廃棄された機械をメンテナンスして再利用したり、労力をおさえた効率的な作業工程を組むなど、知恵と経験が凝縮された施設を見学した瑞慶覧市長は「すばらしい。まさに循環型の事業です。いろいろと勉強させていただきました」と謝辞を述べました。

いいね!シェアしてください!

この記事は役に立ちましたか?

ページトップへ

2018年10月 9日

南城市監査委員辞令交付式(2018/10/09)

平成30年10月9日(火)、南城市監査委員辞令交付式が行われ、大城 竜男(おおしろ たつお)氏が、南城市監査委員に任命されました。

 

辞令交付式で瑞慶覧市長は「これからもよろしくお願いします。」と激励し、大城氏は「南城市の為に、努めてまいります。」と決意を述べ、辞令を受け取りました。

任期は、2022年9月28日までになります。

いいね!シェアしてください!

この記事は役に立ちましたか?

ページトップへ

2018年10月 5日

台風第25号 現場視察(2018/10/05)

先日の台風から連続して猛威をふるった台風第25号。市内でも、停電で市民生活に影響が出たほか、強風や塩害による農作物への影響も懸念されます。
この日も各所の被害状況を見回り、今後の方針を担当部局と検討しました。


手登根区においては、排水溝から水が溢れ出し、農地に浸水するという被害があり、付近の排水溝の状況を確認しました。現場写真



志喜屋区においては、高波の影響で漂流物が漁港内に堆積している状況や、近隣の畑に塩害が発生している状況を確認し、今後の対応を検討しました。

現場写真(志喜屋区)

いいね!シェアしてください!

この記事は役に立ちましたか?

ページトップへ

2018年10月 4日

副市長辞令交付式(2018/10/04)

平成30年10月3日(水)に開かれた南城市議会定例会で、南城市副市長に新屋勉政策参与を充てる人事案が同意されました。任期は2018年10月4日から2022年10月3日までです。

副市長辞令交付式

市役所1階大会議室で行われた辞令交付式で瑞慶覧市長は「行政経験が抱負な新屋さんなら副市長として政策をすすめてくれる。市民のために尽くしてほしい」と期待を込めました。

副市長辞令交付式

新屋副市長は「市民のために働けることはうれしい。南城市は大きなチャンスをむかえています。市長の政策の早期実現と、市民のために一緒にがんばりましょう」と職員へ向けて意気込みを語りました。

いいね!シェアしてください!

この記事は役に立ちましたか?

ページトップへ

2018年10月 3日

被覆型一般廃棄物最終処分場『美らグリーン南城』一部供用開始(2018/10/02)

南部広域行政組合(理事長・宜保晴毅豊見城市長)の被覆型一般廃棄物最終処分場『美らグリーン南城』のオープニングセレモニーが開かれ、組合を構成する3市3町(糸満市、豊見城市、南城市、八重瀬町、与那原町、西原町)の関係者が出席しました。

被覆型一般廃棄物最終処分場『美らグリーン南城』一部供用開始

屋根のある被覆型最終処分場としては本島内初となる同施設では、搬入される焼却残さ、溶融飛灰などが施設外へ飛散することなく安全に埋め立てられます。今回は容量2万9810トンの埋立処分施設のA棟と、施設から排出された汚水をろ過する浸出水処理施設が稼働します。

被覆型一般廃棄物最終処分場『美らグリーン南城』一部供用開始 被覆型一般廃棄物最終処分場『美らグリーン南城』一部供用開始

A棟の埋立期間は約5年を予定しています。2020年度には埋め立て容量6万3639トンの埋立処分施設のB棟も完成する予定で、今後15年間にわたり3市3町で使用します。15年後は南城市が跡地利用を検討します。同施設の稼働終了後は、八重瀬町、西原町、豊見城市、与那原町、糸満市の順番で処分場が建設される予定です。

被覆型一般廃棄物最終処分場『美らグリーン南城』一部供用開始

瑞慶覧市長は「今後の施設建設において模範となる施設、15年間しっかりと役割を果たした後、地域住民や多くの皆さんに還元できる利用計画を策定していきたい」と祝辞を述べました。

被覆型一般廃棄物最終処分場『美らグリーン南城』一部供用開始 被覆型一般廃棄物最終処分場『美らグリーン南城』一部供用開始

セレモニーの後は施設見学が行われました。

 

※関連記事※
・被覆型最終処分場の輪番制協定調印式(2012/08/16)
http://www.city.nanjo.okinawa.jp/about-nanjo/introduction/mayor/log/20120816.html

・南城市区長会役員が建設中の最終処分場を見学(2018/07/19)
http://www.city.nanjo.okinawa.jp/about-nanjo/introduction/nanjo-diary/2018/08/20180719.html

いいね!シェアしてください!

この記事は役に立ちましたか?

ページトップへ

2018年10月 2日

台風24号 被害現場視察(2018/10/02)

長時間にわたり猛威をふるった台風24号。南城市でも、停電や浸水などの市民生活に影響が出たほか、社会基盤にも大きな傷跡を残しました。この日は各所の被害状況を見回り、今後の方針を担当部局と検討しました。

奥武島では冠水被害が出ました。港においても地盤の下に入り込んだ水の浮力でアスファルトの路面が浮き上がるという被害が発生していました。過去にも同様の被害が発生しており、繰り返さないための工法などを議論しました。

台風24号 被害現場視察(2018/10/02) 台風24号 被害現場視察(2018/10/02)

中山土地改良区においては排水溝から水が溢れ出し、農地に浸水するという被害。海に排水するためのフラップゲートが打ち寄せた砂に埋もれる状況を確認しました(下写真は砂を除去済み)。

台風24号 被害現場視察(2018/10/02) 台風24号 被害現場視察(2018/10/02)

高平地区の県道77号線では、道路の下を通る饒波(のは)川の護岸が崩れ落ちているのを確認。関係機関と調整していくことを検討しました。

台風24号 被害現場視察(2018/10/02) 台風24号 被害現場視察(2018/10/02)

いいね!シェアしてください!

この記事は役に立ちましたか?

ページトップへ

2018年10月 2日

しまくとぅば語やびら沖縄県大会 出場報告(2018/10/01)

9月15日にさわふじ未来ホール(西原町)で行われた「第24回しまくとぅば語やびら沖縄県大会」に出場した仲村美里さん(写真前列左から3人目)、花城さくらさん(船越小5年、写真前列右から2人目)、そしてしまくとぅば普及の功労者として表彰された幸喜徳雄さん(写真前列中央)が報告に市長応接室を訪れました。

第24回しまくとぅば語やびら沖縄県大会出場報告 第24回しまくとぅば語やびら沖縄県大会出場報告

幸喜さんは「20年間、死語になったウチナーグチを復活できないかと活動してきました。このような賞を頂くにあたり、南城市文化協会のバックアップが肝(チム)にしみています」と、これまでを思い起こしているようでした。

さくらさんは「私は沖縄の人」と題して唄三線も披露。「生まれ育った沖縄の方言を勉強して沖縄の人のこころを大切にしよう」と訴えました。

仲村さんは今回の出場を機にウチナーグチを練習。おじいの家にあった紅型衣装を身につけ出場しました。「まだ今回の原稿しか喋れないですが、おじいと話をしながら勉強していきたいです」と、今後もウチナーグチを守っていく決心を語りました。

瑞慶覧市長もしばし幸喜さんらとウチナーグチ談義。「試食」のウチナーグチなどを教わり、関心しきりでした。

いいね!シェアしてください!

この記事は役に立ちましたか?

ページトップへ

2018年10月 2日

南城市内企業視察(2018/10/01)(11)

地域活動や地域雇用に積極的に取り組まれている市内企業の現状課題を『知る・視る・学ぶ』ことを目的に、市内視察を行っています。本日は、先進的な植物工場に取り組まれている株式会社グリーンプラントカミヤを視察しました。

南城市内企業視察グリーンプラントカミヤ(2018/10/01) 南城市内企業視察グリーンプラントカミヤ(2018/10/01)

無菌状態が徹底された工場内を見学しましたが、企業秘密や特許技術が盛り込まれているため、工場内は撮影禁止。応接室のみの撮影となっておりますが、最新鋭の素晴らしい施設。現在レタス5種類を栽培しており、スーパーやホテルからの引き合いが増えているとのこと。

農業とは異なる業種を経営してきた神谷善高社長。「でも私は農家の息子でしたから農業の苦しみを知っています。だからこそ、天候に左右されず、安定した価格を維持できる植物工場をつくるのが夢でした」と熱く語りました。

瑞慶覧市長も「一般的な栽培と比べて栄養価はどうなのでしょう」「一日に何株の出荷が可能ですか?」と熱心に質問。神谷社長の回答で、その生産性の高さに驚きの声をあげていました。

現在、久高島でも植物工場を建設中。島の若者も本工場で修行中です。今後の課題なども共有し、今回も有意義な視察となりました。

いいね!シェアしてください!

この記事は役に立ちましたか?

ページトップへ

2018年10月 2日

赤い羽根共同募金メッセージ伝達式(2018/10/01)

今年度も「赤い羽根共同募金」が10月1日から翌年3月31日までの日程で始まりました。72回目の開始にあたって、厚生労働大臣メッセージの伝達式が市長応接室で行われました。

赤い羽根共同募金 赤い羽根共同募金

メッセージは南城市社会福祉協議会の阿嘉広雄会長より瑞慶覧市長へ伝達されました。メッセージでは「この運動は国民の皆様の善意と助け合いの精神によって支えられ、災害時のボランティア活動の支援にも役立てられてる」と意義が述べられました。

平成30年度の南城市の目標募金額は742万4千円。地域の福祉活動や福祉団体の活動助成等に充てられます。瑞慶覧市長は「昨年も南城市は目標金額を達成して、素晴らしいですね」と述べると、阿嘉会長からは「100%達成は、市部では南城市だけなんですよ」と説明を受け、さらに今年の目標達成への意欲が湧いた様子。

市民の皆さま、募金を呼びかけられた際はどうぞご協力のほどよろしくお願いいたします。

いいね!シェアしてください!

この記事は役に立ちましたか?

ページトップへ

2018年9月26日

青年芸能フェスタを鑑賞(2018/09/23)

南城市の青年達による手作りの祭り『第13回青年芸能フェスタin南城』が、今年もグスクロード公園で開催されました。

青年芸能フェスタを鑑賞 青年芸能フェスタを鑑賞

青年芸能フェスタを鑑賞 青年芸能フェスタを鑑賞

招待された瑞慶覧市長は、主催する青年連合会の活動をねぎらい「地域を盛り上げるリーダーとしてがんばってほしい。皆さま応援よろしくお願します」と激励し、フェスタを満喫しました。

第13回青年芸能フェスタin南城の詳細は「なんじょう日記」をご覧ください。
http://www.city.nanjo.okinawa.jp/about-nanjo/introduction/nanjo-diary/2018/09/13in20180923.html

いいね!シェアしてください!

この記事は役に立ちましたか?

ページトップへ

ゆったりちゅらライフ!琉球リゾート

株式会社エマオ

沖縄のレンタカーを探す(たびらい沖縄レンタカー予約)

沖縄レンタカー最安値比較・予約 レンナビ

南城市ふるさと納税 Facebook

Jネットレンタカー沖縄那覇空港店

スカイレンタカー沖縄地区(那覇空港・那覇・DFS・中部)

株式会社バイロン沖縄

ソニービジネスオペレーションズ(株)

大南建設工業

ページトップへ