南城市公式webサイト

ようこそ市長室へ

このページでは、市長のプロフィールや予定、日々の主な出来事などを紹介しています。

ホーム > ようこそ市長室へ

バックナンバー

日々のできごと

2016年12月 6日

沖縄メディカル病院様より『おでかけなんじぃ』へ寄付金(2016/12/05)

沖縄メディカル病院の常務・與那嶺紘也さん、常務理事の川満一彦さんが市役所を訪れ、南城市内デマンドバス『おでかけなんじぃ』の運営に使ってほしいと寄付金50万円を贈呈しました。

沖縄メディカル病院様より『おでかけなんじぃ』へ寄付金

馬天シータウンと『津波時における一時避難施設としての使用に関する協定書』を結ぶなど、積極的な地域貢献活動をすすめている沖縄メディカル病院。おでかけなんじぃを利用して来院する方も多いことから、病院創立30周年を記念した地域貢献の一環としての寄付となりました。

川満さんは「南城市が沖縄のハートとなるように、少しでも役立ちたい」と寄付金を贈呈。

古謝市長は「日頃から地域のためにご尽力いただき、ありがとうございます。おでかけなんじぃの運営に使わせていただきます」と謝辞を述べました。

いいね!シェアしてください!

この記事は役に立ちましたか?

ページトップへ

2016年12月 6日

世界マスターズ陸上 譜久里武さん 銀メダルを報告(2016/12/05)

オーストラリアで開催された『第22回世界マスターズ陸上競技選手権大会』のM45クラス(45歳~49歳)100メートルに出場し、銀メダルを獲得した譜久里武さんが市役所を訪れました。

世界マスターズ陸上 譜久里武さん 銀メダル獲得を報告

譜久里さんは昨年大会のM40クラス・4×100メートルリレーでも金メダルに輝いていて、連続でメダルを獲得しています。

南城市陸上競技場で陸上教室『南城アスリート工房』を主催している譜久里さんは「南城市は自然豊かなすばらしい環境で練習ができます。これからも生涯スポーツができる環境を作っていきたい」と抱負を語りました。

いいね!シェアしてください!

この記事は役に立ちましたか?

ページトップへ

2016年12月 2日

沖縄県市郡別ペタンク大会 市郡別2位を報告(2016/12/02)

11月26日に奥武山総合運動公園補助競技場で行われた『第68回沖縄県民体育大会デモンストレーション市郡別ペタンク大会』(主催:沖縄県ペタンク協会)に参加した村川光太郎さんらが市役所を訪れ、大会の成績を報告しました。

沖縄県市郡別ペタンク大会  市郡別2位を報告

南城市から参加した3チーム中、みろくぼさつチームが準優勝、ラエリアンチームが優秀賞を獲得。市郡別で南城市は2位となりました。

沖縄県はペタンク競技が普及しているそうで、大会には幅広い年代の出場者がいたそうです。

村井さんは「若い方にもやってもらいたい」と南城市での競技普及への意気込みを語りました。

いいね!シェアしてください!

この記事は役に立ちましたか?

ページトップへ

2016年11月29日

新垣さん 農事功績表彰『緑白綬有功章』を受賞(2016/11/18)

大里の農家・新垣光勇さんが、平成28年度農事功績表彰『緑白綬有功章』を受賞しました。

新垣さん 農事功績表彰『緑白綬有功章』を受賞

農事功績表彰とは、農事改良の奨励、実行に関して顕著な功績をあげ、地域農業の発展に貢献した農業者を表彰するため、公益財団法人大日本農会(総裁:秋篠宮文仁親王殿下)が明治27年に創設した表彰制度です。

受賞の種類『緑白綬有功章』は、各都道府県から1名のみ受賞となり、南城市からは新垣さんが2人目となります。

新垣さんは、土づくりと有機栽培にこだわり、サヤインゲン、キュウリ、ゴーヤーなどの生産実績をあげ、自ら見本となり後進の育成に励みながら、奥様と夫婦二人三脚で継続的な生産活動を展開しています。平成6年からは市場性が高く、味へのこだわりが求められるトマト(品種:華クイーン)の栽培に挑戦。

新垣さん 農事功績表彰『緑白綬有功章』を受賞

一口食べると自然の甘さがひろがる新垣さんのトマトは大人気で、ユインチホテルのほか、ご子息の経営するレストランへ提供するなど、農業の6次産業化にも取り組んでいます。

報告を受けた古謝市長は「今後も農業者のリーダーとしてがんばってください」と称えました。

いいね!シェアしてください!

この記事は役に立ちましたか?

ページトップへ

2016年11月15日

南城市母子寡婦福祉会 団体表彰を報告(2016/11/14)

南城市母子寡婦福祉会の皆さまが市役所を訪れ、11月13日に西原町で開かれた『第47回沖縄県母子寡婦福祉大会』において、優良な母子寡婦福祉会として団体表彰を受賞したことを報告しました。

南城市母子寡婦福祉会 団体表彰を報告

会長の上地寿賀子さんは「県内の母子寡婦福祉会では初となる、困った時の相談窓口をまとめたハンドブックを発行したことが評価されました。若い世代のお母さんにも母子寡婦福祉会の情報が伝わっていると思います」と報告。

古謝市長は「日頃の活動が評価されての受賞おめでとうございます。何かあったらすぐに相談を。これからも活動をがんばってください」と激励しました。

南城市母子寡婦福祉会の団体での受賞は平成19年に続き2回目。今回は市内から母子家庭激励賞(個人)の受賞もありました。

南城市母子寡婦福祉会 団体表彰を報告

困った時の相談窓口をまとめた「お役立ち!ハンドブック」は、平成26年度南城市社会福祉協議会「フッくん、シーちゃん地域福祉活動助成事業」を受けて制作。会員へ配布しているほか、会員以外で必要な方の分も少しだけあるそうです。

お問合せは南城市母子寡婦福祉会 080-6490-0111(上地さん)まで。

いいね!シェアしてください!

この記事は役に立ちましたか?

ページトップへ

2016年11月15日

神谷さん めし碗グランプリ展で最優秀賞(2016/11/14)

長崎県波佐見町で行われた『めし碗グランプリ展』で、新里で陶芸工房を営む神谷理茄子さんの作品「魚紋 いっちん マカイ」が陶芸部門優秀賞に輝きました。

神谷さん めし碗グランプリ展で最優秀賞

全国有数の焼物の産地・波佐見町での表彰式に参加した神谷さんは「近隣に有田焼や唐津焼の産地もあり、とても刺激になりました。もっとがんばらないといけないと思いました」と作品作りへの意欲を語りました。

古謝市長は「すごくいい色のマカイで、ご飯を入れたら美味しそうに見えそう。これからも作品作りをがんばってください」と激励しました。

神谷さん めし碗グランプリ展で最優秀賞

やんばるの赤土で制作した受賞作は、素早く絵を描くいっちんの技術や、魚の躍動感などが評価されました。
神谷さんは昨年の大会でもJA全農ながさきスポンサー賞を受賞しています。

いいね!シェアしてください!

この記事は役に立ちましたか?

ページトップへ

2016年11月14日

佐久川くん・棚原くん ウエイトリフティング九州制覇を報告(2016/11/11)

10月30日に福岡県で開催された『第8回九州中学生ウエイトリフティング選手権大会』に、沖縄県代表として出場した佐久川凌くん(大里中2年・85kg級※写真左)と棚原幹勝くん(佐敷中1年、94kg級)が1位を獲得しました。

佐久川くん・棚原くん ウエイトリフティング九州制覇を報告

競技を始めて半年での九州制覇となった佐久川くん(写真左)は「1位の結果はうれしい。さらに大きな大会でもでもいい結果を残せるようにがんばりたい」と抱負。

棚原くんの兄・棚原幹善さん(沖縄工業高)は、高校総体や国体でも活躍するウエイトリフティング競技者。幹勝くんは「大会の出場は2回目で緊張しましたが自分のベストを出すことができた。兄を超えられるように練習を積みたい」と意気込みを語りました。

佐久川くん・棚原くん ウエイトリフティング九州制覇を報告

報告を受けた古謝市長は「優勝おめでとうございます。指導者や両親など、周りのサポートに感謝しながら、糸数陽一選手のようにオリンピックを目指してがんばって」と激励しました。

いいね!シェアしてください!

この記事は役に立ちましたか?

ページトップへ

2016年11月14日

パワーリフティング盛龍也さん 内助の功で5連覇達成(2016/11/11)

沖縄刑務所の看守部長で、知念体育館のトレーニング施設で日々練習に励んでいる盛龍也さんと、奥様のたかこさんが市役所を訪れ、10月16日に栃木県で開催された『第35回全日本実業団パワーリフティング選手権大会』のマスターズⅡ(105kg級)での5連覇を報告しました。

龍也さんは「来年で50代最後の大会。来年は6連覇を狙って優秀の美を飾りたい」と報告。

古謝市長は「競技を続けるのは並々ならぬ努力が必要。60代になってもがんばってほしい」と激励しました。

パワーリフティング盛龍也さん 内助の功で5連覇達成

練習でのフォームチェックや食事の管理、体のケアなど献身的にサポートしてくれた奥様へ「5連覇は妻の支えのおかげ。感謝しています」と笑顔の龍也さん。

半月板損傷や頸椎ヘルニアなど度重なるケガ克服を奥様と共に克服し、通算で11回目の優勝に「記録よりも気力でがんばり、60代、70代と続けていきたい」と意気込みを語りました。

いいね!シェアしてください!

この記事は役に立ちましたか?

ページトップへ

2016年11月 9日

山本"KID"徳郁さんご家族が来訪(2016/11/07)

総合格闘家の山本“KID”徳郁さんのご家族が市役所を訪れました。

山本さんは、姉の美優さん、甥の山本アーセンさんと共に元WBA世界スーパーライト級チャンピオンの平仲信明さんのジムで練習を積んでいて、平仲さんの紹介によりご両親を含めたご家族で南城市に移住。
自然豊かな環境で、ロードワークなどのトレーニングを積んでいるそうです。

山本“KID”徳郁さんご家族が来訪

古謝市長は海岸沿いでのウォーキング中に、ロードワークをしている山本さんにお会いしたそうで「朝のあざまサンサンビーチは気持ちがいい。ロードワークで使ってみてください」と提案。さらに、ロードワークコースにあるテダ御川の由来や、知念体育館のトレーニングジムなども紹介しました。

山本さんは体を作るために沖縄の新鮮な野菜を食べたいとのことで、古謝市長は市内の野菜直売所を紹介。その他、沖縄勢が強い空手やウェイトリフティングなどの話で盛り上がりました。

いいね!シェアしてください!

この記事は役に立ちましたか?

ページトップへ

2016年10月31日

安岡建設株式会社様より寄付金(2016/10/28)

安岡建設株式会社の代表取締役社長の大村光昭さんらが市役所を訪れ、地域貢献の一環として南城市へ寄付金を贈呈しました。

安岡建設株式会社は平成24年から垣花に営業所を開設していて、営業所の前で尚巴志ハーフマラソンの給水ボランティアも行っています。

安岡建設株式会社様より寄付金

大村さんは「地域のために使ってほしい」と寄付金10万円を贈呈。

古謝市長は「昨年に引き続いてのご寄付、ありがとうございます。今年のハーフマラソン大会も盛り上げてください」と謝辞を述べました。

いいね!シェアしてください!

この記事は役に立ちましたか?

ページトップへ

ゆったりちゅらライフ!琉球リゾート

株式会社エマオ

琉球泡盛株式会社 多良川

沖縄のレンタカーを探す(たびらい沖縄レンタカー予約)

沖縄レンタカー最安値比較・予約 レンナビ

沖縄旅行の予約・観光情報サイト たびらい沖縄

沖縄で遊ぶなら!みーぐる

ふるさと納税ポータルサイト

南城市ふるさと納税 Facebook

ふるさと納税 チョイス

ページトップへ