南城市公式webサイト

ようこそ市長室へ

このページでは、市長のプロフィールや予定、日々の主な出来事などを紹介しています。

ホーム > ようこそ市長室へ

バックナンバー

日々のできごと

2018年1月10日

『平成30年 仕事始め式』 市長年頭の訓示(2018/01/04)

平成30年の南城市役所の仕事始め式が玉城庁舎2階ホールで行われ、古謝市長は南城市の12年を振り返りながら訓示を述べました。

 

恒例の年男・年女のスピーチでは、戌年にちなんだエピソードを交えてそれぞれが抱負を発表。

『平成30年 仕事始め式』 市長年頭の訓示 『平成30年 仕事始め式』 市長年頭の訓示

『平成30年 仕事始め式』 市長年頭の訓示 『平成30年 仕事始め式』 市長年頭の訓示

最後は、三本締めで南城市の飛躍の1年を誓いました。

いいね!シェアしてください!

この記事は役に立ちましたか?

ページトップへ

2017年12月28日

青年海外協力隊・仲里さんが任務終了報告(2017/12/28)

JICA青年海外協力隊として、フィリピン共和国ビクトリアス市役所観光事務所へ派遣されていた市職員の仲里みかるさんが任務を終えて帰国しました。

青年海外協力隊・仲里さんが任務終了報告 青年海外協力隊・仲里さんが任務終了報告

仲里さんは「ビクトリアス市の職員、南城市の職員、JICAのサポートがあり、いろいろなことに挑戦できました」と報告。ビクトリアス市の観光分野での活動は、現地の日本人向けの新聞にも紹介されるなど注目されました。

JICA沖縄国際センターの河崎充良所長は「今回の任務で人間力がとても強くなったと感じています。活動で得たコミュニケーション力を、南城市のグローバルな事業に活かしてほしい」と激励しました。

古謝市長は「異文化での活動でいろいろ苦労があったと思いますが、大きく成長した姿を見ることができてうれしいです。今回の経験を南城市と世界との人的交流に活かしてほしい」とねぎらいました。

青年海外協力隊・仲里さんが任務終了報告

仲里さんの後任として、語学研修後にビクトリアス市へ派遣される市職員の嶺井良太さんは「コミュニケーションをしっかりとるために語学を身に付け、いままで自分が南城市でやってきた活動をしていきたい」と意気込みを話しました。

 

※仲里みかるさんの活動は、ご本人のブログ『Youth comes but once in a life-time.』(https://thephilippinesmylife.amebaownd.com/)にて綴られています。

 

いいね!シェアしてください!

この記事は役に立ちましたか?

ページトップへ

2017年12月26日

母子推進員の新垣さん 厚生労働大臣表彰伝達式(2017/12/21)

34年にわたり母子推進員として活動してきた新垣節さんが、平成29年度母子保健家族計画事業者功労者として、厚生労働大臣から表彰を受けました。

母子推進員の新垣さん 厚生労働大臣表彰伝達式

10月25日~27日に宮崎県で開催された『平成29年度健やか親子21全国大会(母子保健家族計画全国大会)』にて表彰式がありましたが、南城市女性会の行事と重なり参加できなかった新垣さんのために、玉城庁舎で伝達式が行われました。

新垣さんは「他市町村と交流をしながら、いかに楽しく活動するかを考えながらやってきました。なり手が少ない状況ですが、とても大切な仕事。活動のPRにつとめたい」と意気込みを語りました。

古謝市長は「永年の活動、ありがとうございます。母子推進員はとても大切な仕事。後進の育成など、今後もご活躍を期待しています」とねぎらいました。

いいね!シェアしてください!

この記事は役に立ちましたか?

ページトップへ

2017年12月26日

音訳サークルアイアイ大里 厚生労働大臣表彰(2017/12/21)

社協だより、広報なんじょう、議会だよりなどの南城市の行政関連の定期刊行物の音訳を行い、視覚障害者や高齢者などへ音訳CDを配布している『音訳サークル アイアイ大里』(会長・比嘉菊枝)が、ボランティア功労者として厚生労働大臣表彰を受賞しました。

音訳サークルアイアイ大里 厚生労働大臣表彰

平成9年4月に結成されたアイアイ大里では、定期刊行物のほか、新聞記事をピックアップした『アイアイのほっとタイム』、市生きがい推進課発行の『障害福祉で利用できる各種制度』の冊子、4年かけて音訳した『南城市史』など音訳なども手掛け、社会福祉協議会の職員と協力し、CDを配布する際は何の音訳かわかるようにケースに点字の工夫をほどこすなど、利用者に寄り添った活動を行っています。

音訳サークルアイアイ大里 厚生労働大臣表彰

比嘉さんは「みんなでいいものができればとの思いで、活動を続けてきました。受賞をきかけに、音訳の活動を多くの人に知ってもらいたい」と報告。

音訳サークルアイアイ大里 厚生労働大臣表彰

視覚障害者が音訳データを聞く際に使う『プレックストーク』で広報なんじょう12月号の音訳を聞いた古謝市長は「とても聞きやすいです」と太鼓判を押し、「受賞おめでとうございます。障害は一つの個性です。心の中で見えてくる声はとてもありがたいはず。今後も楽しく活動ができるよう、サポートしていきたい」と謝辞をおくりました。

※アイアイ大里が音訳をした広報なんじょう2017年12月号を、南城市YouTubeチャンネルにて公開しています。

いいね!シェアしてください!

この記事は役に立ちましたか?

ページトップへ

2017年12月26日

健康増進課の濱崎さん 防府読売マラソン2位&県記録更新 (2017/12/20)

12月17日に山口県で開催された防府読売マラソンに出場し、自己新記録と沖縄県記録を大幅に更新する2時間11分26秒で2位に輝いた健康増進課の濱崎達規さんが、大会結果の報告に訪れました。

健康増進課の濱崎さん 防府読売マラソン2位&県記録更新

濱崎さんは「実業団にいた頃には出せなかった記録だと思います。何か不思議な力を感じたレースでした。業務をしっかりやりながら、いまのペースを維持してがんばっていきたい」と報告。

今大会で1位になった同じ公務員ランナーの川内優輝さん(埼玉県庁)は、東京オリンピック代表を決めるマラソングランドチャンピオンシップ(MGC)への出場権を獲得。
濱崎さんも、出場予定の東京マラソン(2018年2月25日開催)で好タイムを出すことでMGCへの出場権を獲得できる可能性がでてきました。

健康増進課の濱崎さん 防府読売マラソン2位&県記録更新

オリンピック出場へ向けてのカギとなる東京マラソンについて「気温が低い方が自分にとっては走りやすい。MGC出場へ向けてしっかり記録を狙いたい」と意気込みつつ、「沖縄県の市郡対抗駅伝などの大会にも出場して、地元で走ることも大切にしていきたい」と話しました。

古謝市長は「南城市は人を元気にする地。常に感謝と畏敬の念を忘れずに、オリンピック出場を目指してがんばってほしい」と激励しました。

いいね!シェアしてください!

この記事は役に立ちましたか?

ページトップへ

2017年12月19日

ヤギ食普及を南城市から 国家戦略特区・農家レストラン開業へ(2017/12/18)

糸数にある農業用ハウスを活用し、市内初のヤギの多頭飼育を行っている農業生産法人大地の代表取締役・仲村嘉則さんらが市役所を訪れ、政府の国家戦略特区「沖縄県国際観光イノベーション特区」の特例事例として提案した農家レストランの設置が了承されることを報告しました。

ヤギ食普及を南城市から 国家戦略特区・農家レストラン開業へ

同社では、特区の規制緩和を活用してヤギを飼育する土地に隣接する形でレストランを開設し、農業振興や沖縄の食文化であるヤギ食の普及につなげます。

仲村さんは「農家レストランの開設でヒージャー文化をひろめていきたい」と意気込みを語りました。

古謝市長は「ヤギ料理ツアーなどの観光メニューを作れば人気がでるのでは。ブランド確立へ向けて、ぜひ成功させてください」とエールをおくりました。

いいね!シェアしてください!

この記事は役に立ちましたか?

ページトップへ

2017年12月16日

ソフトテニスの座波晃大選手 えひめ国体8位入賞&県優秀チーム表彰(2017/12/13)

愛媛県で開催された第72回国民体育大会『2017笑顔つなぐ えひめ国体』のソフトテニス競技(少年男子)に県代表チームのメンバーとして出場し、8位入賞に貢献した座波晃大選手(那覇西高校1年・写真右)が、同校の富田正光監督、コーチで百名出身の山内隆史さん(写真左)らとともに市役所を訪れました。

ソフトテニスの座波晃大選手 えひめ国体8位入賞&県優秀チーム表彰

今回の国体では、同競技で沖縄県勢30年ぶりの8位入賞という成績が認められ、優秀チーム賞として沖縄県体育協会からも表彰を受けています。玉城中出身の座波選手は、現在も土日を中心に玉城庭球場で練習をしているそうで、今後の活躍が大きく期待されています。

ソフトテニスの座波晃大選手 えひめ国体8位入賞&県優秀チーム表彰

報告を受けた古謝市長は「おめでとうございます。大きな目標を持って一歩一歩前に進み、次は優勝をねらってがんばってください」と激励しました。

いいね!シェアしてください!

この記事は役に立ちましたか?

ページトップへ

2017年12月11日

姉妹都市人事交流 比嘉さんが高千穂町より帰任(2017/12/04)

姉妹都市・宮崎県高千穂町との人事交流として、同役場へ派遣されていた市観光商工課の比嘉紗恵里さんが研修を終えました。

姉妹都市人事交流 比嘉さんが高千穂町より帰任 姉妹都市人事交流 比嘉さんが高千穂町より帰任

比嘉さんは「大変充実した研修でした。学んだことを観光やまちづくりに活かしていきたい」と笑顔で報告。

古謝市長は「高千穂町での研修で様々な違いを知り、大変良い経験ができたと思います。学んだことを活かして南城市を盛り上げてほしい」と期待を込めました。

いいね!シェアしてください!

この記事は役に立ちましたか?

ページトップへ

2017年12月11日

海外移住者子弟研修生の稲嶺さんが研修スタート(2017/12/01)

今年度の南城市海外移住者子弟研修生として、ペルー共和国から稲嶺愛美さん(写真中央)が来沖しました。

海外移住者子弟研修生の稲嶺さんが研修スタート

久原区出身の祖父母を持つ稲嶺さんは、スペイン語、ドイツ語、英語、日本語が話せるなど語学が堪能。ペルー共和国の高校を飛び級で卒業しています。

2月末まで南城市を中心に研修を行い、日本語をはじめ、琉舞、三線などの沖縄文化を学ぶほか、知念高校での体験学習や市内の伝統行事やイベントなどにも参加する予定。ペルーの打楽器「カホン」が得意で、機会があれば披露したいそうです。

いいね!シェアしてください!

この記事は役に立ちましたか?

ページトップへ

2017年12月11日

大里庁舎跡利用 ソニービジネスオペレーションズ株式会社と賃貸契約(2017/12/01)

南城市は新庁舎建設に伴う大里庁舎の跡利用で、ソニービジネスオペレーションズ株式会社(間所泰宜社長・従業員360人)と賃貸契約を交わしました。

大里庁舎跡利用 ソニービジネスオペレーションズ株式会社と賃貸契約 大里庁舎跡利用 ソニービジネスオペレーションズ株式会社と賃貸契約

年間の賃料は6600万円で、2019年春に入居予定です。間所さんは「グローバルな人材育成に力を入れている南城市から多くの人材を採用したい」と期待を込めました。

大里庁舎跡利用 ソニービジネスオペレーションズ株式会社と賃貸契約

古謝市長は「市内は就労場所が少なく、入居が決まったことはありがたい。市も連携して人材育成に取り組みたい」と謝辞を述べました。

いいね!シェアしてください!

この記事は役に立ちましたか?

ページトップへ

ゆったりちゅらライフ!琉球リゾート

株式会社エマオ

琉球泡盛株式会社 多良川

沖縄のレンタカーを探す(たびらい沖縄レンタカー予約)

沖縄レンタカー最安値比較・予約 レンナビ

ふるさと納税ポータルサイト

南城市ふるさと納税 Facebook

ふるさと納税 チョイス

Jネットレンタカー

スカイレンタカー

ページトップへ