ふるさと南城応援サイト  

サイトマップ お問い合わせ

ホーム | 文化遺産の保護・活用

文化遺産の保護・活用

世界遺産の斎場御嶽や東御廻り関連史跡

sefautaki

琉球開闢の神・アマミキヨが定住したと伝えられる南城市には、世界遺産に登録された斎場御嶽(せーふぁうたき)をはじめ、東御廻り(あがりうまー い)関連史跡、グスク、樋川(ひーじゃー)といった歴史的にも重要な聖地・文化遺産が集中しています。祖先から受け継いだ貴重な文化財を大切に守り、育み ます。

市内の文化・史跡詳細→南城市なび『文化・史跡』
斎場御嶽(せーふぁうたき)詳細→『世界文化遺産 斎場御嶽』

line_1

神の島・久高島

kudakajima

久高島は「神の島」として崇敬を集める霊地で、沖縄の中でも特別な存在の島です。琉球の始祖アマミキヨが降臨し、五穀をはじめて伝えたところといわれています。数多くの神聖な祭祀が受け継がれ、御嶽や拝所などの聖域は、古来より大切に守られてきています。

久高島の概要詳細→『神の島 久高島』

line_1

地域の伝統芸能の継承

sisimai-inamine

佐敷・知念・玉城・大里の4つのエリアからなる南城市は薫り高い文化のまち。エイサー、ヌーバレー、棒術、獅子舞など多くの芸能がいにしえより脈々と受け継がれていることから、伝統芸能の宝庫と称されています。この大切な宝を後世に正しく伝えます。

地域の伝統芸能(文化)の紹介

 
ホーム | 南城市について | ふるさと寄附金(納税)とは | 寄附はどのように使われるの | 寄附の方法 | 寄附金のお礼
Copyright(c)2008 NANJO CITY All Rights Reserved.